2011年2月11日 (金)

電気自動車

先日、電気自動車の試乗をする機会に恵まれました。

Photo

かみのやま温泉では、上山型クアオルト構想を展開しており、滞在型保養地を目指し環境問題に取り組んでおり、今後EV充電設備の普及をしていく考えのようです。

今回は、日産リーフと三菱i-MiEV の2車種が準備されており、私は日産リーフの運転をさせて頂きました。

Photo_2

↑こちらが、リーフで、ナンバーの上のボンネット部で充電できるそうです。

↓下の写真は、リーフのメーター。パワー表示や、充電まであと何キロとか、エコ運転モードとか、とにかく興味深々のものばかり。運転してみての感想は、やっぱり、「静か」というのと、アクセルペダルを踏んだ時のレスポンスの良さが、非常に実感できました。

Photo_4

Photo_3

↑こちらは、i-MiEVです。最近、良くみかけますね。

担当の人が、県庁の充電設備について話していたので、帰りにどんなものなのか視察してきました。県庁の駐車場に設置されてあります。

Photo_5

生活様式を変えてしまう電気自動車に、今後益々注目していきたいです。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2010年1月15日 (金)

木造住宅のエコ対策と住宅版エコポイント制度

久々のブログになってしまいました。

山形県地球温暖化防止活動推進センター主催の「木造住宅のエコ対策と住宅版エコポイント制度」の研修に出席してきました。会場には建築関係の方々や自治体関係者で満席。

講演は、東北芸術工科大学の三浦秀一先生による「山形における木造エコハウスの取り組み」について、また、北方建築総合研究所の鈴木大隆氏による「住宅の省エネルギー化と環境の質の向上を目指して」という演題で行われました。

P1000641_2 これからのエコ住宅とは

材料 → 木材

躯体 → 断熱気密

設備 → 省エネ、自然エネ

P1000642_2 また、写真のように断熱水準と体感温度の関係では、空気の温度が同じでも、壁、床、天井などの表面温度により、体感温度も変わってくるようです。

最後に、最も気になる住宅版エコポイントの説明があり、概要を知る事ができました。

エコ住宅の新築とリフォームでは、対象となる工事に違いがありますので、気をつけなければなりません。家電と車で活気づいたエコですが、住宅への関心は、いったいどのような結果になるのでしょう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月28日 (月)

やまがたの自然エネルギー

昨日に引き続きエコネタです。

Img_4

「やまがたの自然エネルギー利活用促進事業運営委員会」主催の、

やまがたの自然エネルギーシンポジウムが、新庄、米沢、山形の

3会場で開催されます。

新庄会場では、「山形県における自然エネルギーの可能性」について

   1/30(土)13:30~  新庄市民プラザ小ホール

米沢会場では、「山形県における自然エネルギーの実践と事業」について

   2/6(土)13:30~  置賜総合文化センター1Fホール

山形会場では「自然エネルギーによる自立と連携」について

   2/13(土)13:00~  山形国際交流プラザ2F大会議室

いずれも参加無料となっており、いずれも基調講演が予定されております。

参加のお申込みは、環境ネットやまがたさんまで宜しくお願いします。

FAX 023-679-3389   E-mail eny@chive.ocn.ne.jp

ブログ連続更新挑戦中!!(612日目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

グリーン電力利活用セミナー

環境ネットやまがたさんから、セミナーの案内が届きました。

村山地域で温暖化対策の新しい取り組みとして始まっているグリーン電力の利活用に関するセミナーです。併催イベントとして、太陽光発電システムの紹介や電気自動車の展示と試乗も体験できるものです。

日時:平成21年12月5日(土) 13時から16時
場所:村山市農村環境改善センター(村山市役所隣り)
内容:
①講演 『グリーン電力・グリーン電力証書について』
 講師 グリーンエネルギー認証センター 小笠原 和人 氏
②事例紹介 『バイオマス発電にかかるグリーン電力について』
        やまがたグリーンパワー発電所 青木 寛彦氏
        『村山市におけるグリーン電力活用の取組み』
        村山市環境課
③併催イベント 
 ★太陽光発電システム紹介コーナー  ★電気自動車 展示・試乗体験

詳しくは、

<問い合わせ先>
・村山市環境課
TEL:0237-55-2111
・山形県村山総合支庁環境課環境企画担当
TEL:023-621-8424 FAX :023-621-8428

までご連絡くださいませ。

ブログ連続更新挑戦中!!(582日目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

照明器具での温暖化防止

(社)日本照明器具工業会による「照明器具リニューアルのすすめ」のカタログを入手しました。その中には、地球温暖化防止の観点からさまざまなアプローチがあります。

Img_0001 Img_0002_2

上がオフィスビルでのエネルギー消費構造で、

下が家庭におけるエネルギー消費構造だそうです。

Img_0003_2 こちらのグラフは、最も一般的な40W2灯用相当の照明器具の、これまでの改善と消費電力推移です。

価格はお高めでも、Hfランプを用いた照明器具が、やっぱりイイ。

Img_0004_2 そしてそしてLED照明の事。

先日「極端な話ですが」というタイトルで、ブログを書きましたが、こうやって、電球の歴史をみてみると、LEDの凄さを感じます。

本日、お客様宅に電球形蛍光ランプを4個お届けしましたが、LED電球をPRすべきでした。

ブログ連続更新挑戦中!!(572日目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

久しぶりにダンポスト

ルーティンワークだったダンポスト作業も、しばらく、ご無沙汰してました。

で、恐る恐る蓋を開けてみると、ちょっとカビが発生してました。

あー↓、と思い、再び作業を再開し一夜明け、

P1000321_2 んー以前の状態に復活中。

P1000320 しかし、かなり寒~い状況です。

これでは、活動も鈍くなります。

冬超えの対策をせねば。

ブログ連続更新挑戦中!!(571日目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

地域材の利用を考える

先日ご紹介しました山形エコハウス

そのエコハウスには、地域材の利用が欠かせません。

地域材を利用する事により、地球温暖化の防止につながります。

一番は森が二酸化炭素の吸収をしてくれること。

その森を維持していくためには、人の手による手入れが絶対必要です。

今回は、伐採の様子や製材所またペレット工場の見学ができるご案内です。

【環境を考えた家づくり市民講座】
Vol.2「エコハウスをつくる山形の森と木(見学会)」
 日時:平成21年11月28日(土) 10:00~16:00
 場所:山形市、西村山周辺
 内容:県民の森周辺での伐採現場見学、製材所での見学、
     寒河江ペレット工場の見学
     を行います。
 参加費:1000円(昼食代)


詳しくは、住まいの温暖化対策やまがた協議会事務局までご連絡ください。

〒990-0832
  山形県山形市城西町一丁目7-19
  山形県NPO支援センター内
  (TEL)023-679-3340 (FAX)023-679-3389
  (E-mail) eny@chive.ocn.ne.jp 
  (URL)
http://eny.jp/ecohouse/

ブログ連続更新挑戦中!!(567日目)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月11日 (水)

極端な話ですが、

極端な話ですが、照明をすべてLED化した場合の国内の

年間CO2削減効果の試算だそうです。(日経エコロジー12月号より)

Img_new なんと、2020年には、軽く52%もの削減になるらしいです。

いろんなCO2削減の取り組みがありますが、これからの時代は、電球型蛍光灯よりもLED電球の時代になってきました。

各社とも4000円を切る価格での発売になっています。

白熱電球と比較すれば、消費電力は7分の1から9分の1で、寿命は40倍の40万時間。

試しにおひとついかがでしょう。。。。。

ブログ連続更新挑戦中!!(565日目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

山形エコハウス

住まいの温暖化対策やまがた協議会主催の、「環境を考えた家づくり市民講座」に行ってきました。講演ならびに、事例紹介があり、中でも山形エコハウスというプロジェクトが気になっており、詳細を聞くことができました。

山形エコハウスのプロジェクトは、環境省の「21世紀環境共生型住宅のモデル整備による建設促進事業」で、略称「環境省エコハウスモデル事業」によるものです。全国20の自治体が選ばれ、それぞれの地域の気候風土や特色を生かしたエコハウスの実現と普及を目指しています。そして、低炭素社会における住宅の未来形はいかなるものか、設計を通しその姿を追求しています。

山形市の羽田設計事務所さんが担当されることとなっており、その概要のご説明がありました。山形エコハウスの地域性に関しては、木質系バイオマスを効率的に利用し、地場の林業を発展させるというねらいもあります。

Img_0001_new_2 こちらが、山形エコハウスの設備概念図になります。日射の遮蔽と導入を考え、通風や換気も考慮し、また、太陽電池、太陽集熱パネル、さらには木質バイオマス設備、雨水利用などなど、いろんな設備がもりだくさんです。

気になる断熱性能や省エネ度合などなど、具体的な数値のご説明もありましたが、ここでは割愛させていただきます。

この模様は、11月9日(月)の19:50からの10分間、TUYさんにて放映されるとの事です。是非ごらんください。マスク姿の私の姿も映るかも。。。。。

ブログ連続更新挑戦中!!(562日目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

環境を考えた家づくり市民講座

連日、環境のネタが続きます。

住まいの温暖化対策やまがた協議会では、環境を考えた家づくり市民講座を開催します。

Img

「地球にやさしい家づくり講座」

11月7日(土)14:00~16:00

霞城セントラル23F 山形市市民活動支援センター高度情報会議室にて

「エコハウスをつくる山形の森と木」

11月28日(土)10:00~16:00

山形市・西村山地区周辺

いずれも事前のお申込みが必要です。

お申込み・お問い合わせは、住まいの温暖化対策やまがた協議会事務局まで。

http://eny.jp/ecohouse/

ブログ連続更新挑戦中!!(542日目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)