« 太陽光48円の威力 | トップページ | 冬の光景 »

2011年1月10日 (月)

太陽光発電の損益分岐点

前回の記事の続きで、我が家で元が取れる日を計算してみました。

条件は以下になります。

注:(家族の加齢と共に電力量が増える事は考慮してません)

1.年間発電量: 3780KWh

2.昼間電力単価:29.65円(やりくりナイト10)

3.夜間電力単価:8.58円(やりくりナイト10)

4.家族構成 大人二人、子供3人(小3,年長,1歳) のまま

5.売電単価:48円 のまま

まず、発電量-売電量 により、自家消費の電力量を求めます。

我が家の場合には、

3780-2765=1015KWh

です。即ち、太陽エネルギーからの消費電力量ですねっ。

これを、昼間の買電量に加算します。

1485+1015=2500KWh

これが太陽光発電を設置しててもしていなくとも消費する電力量なわけです。

ここからが、電気料金の計算になります。

昼間の電気料金:2500KWh X 29.65 = 74125円

夜間の電気料金:11314KWh X 8.58 = 97074円

よって、我が家にて太陽光発電を設置していない場合の1年間の電気料金は、

74125+97074=171199円

になります。よって、

10年間ではなんと、171万円払う事になってました。

ですが、太陽光発電を設置してる事により、前回の記事にも書きましたが、

1年間で2.1万円貯まりましたので、

10年間ではなんと、21万円貯まる事になってます。

よって192万円の太陽光発電ならば、10年で元がとれるというわけです。

えっと、我が家の太陽光発電システムは一体いくらだったっけ???

それと、我が家は2006年から連携開始したので、???

もうちょっと考察が必要なようです。

最後になりますが、現在は固定価格買取制度ですが、太陽光発電全量買取制度が

導入されようと検討されております。そうなれば、また、話は別ですね。

|

« 太陽光48円の威力 | トップページ | 冬の光景 »

太陽光発電」カテゴリの記事

コメント

な~るほど。

結構電気代ってかかってんだな、と思ったよ。
節約が一番だな。

もうちょっと教えて。
10年間でメンテナンスはどうなの?
耐用年数は?

投稿: すがでがす | 2011年1月10日 (月) 21時26分

売電メーターが10年後に交換の必要が出てきます。
今のところ、アナログ1計量のものでOKですので、
そんなに費用はかかりません。
(詳しくは個別に・・・・・)

それと、耐用年数ですが、パワーコンディショナー
(インバーター)がどの程度のものなのか、正直不明な
ところです。聞くところによると、10~15年などという
話も聞きますし。当たり外れもあるでしょうし。ま、毎日
せっせと朝から晩まで頑張ってくれているのですから、
しょうがないと割り切るしかありません。

パネルは、特段、問題なしと聞いています。

そんなところでしょうか。

投稿: Jリーダー | 2011年1月16日 (日) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207956/38409110

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光発電の損益分岐点:

« 太陽光48円の威力 | トップページ | 冬の光景 »