« 発電量比較 | トップページ | EPT »

2009年11月13日 (金)

地域材の利用を考える

先日ご紹介しました山形エコハウス

そのエコハウスには、地域材の利用が欠かせません。

地域材を利用する事により、地球温暖化の防止につながります。

一番は森が二酸化炭素の吸収をしてくれること。

その森を維持していくためには、人の手による手入れが絶対必要です。

今回は、伐採の様子や製材所またペレット工場の見学ができるご案内です。

【環境を考えた家づくり市民講座】
Vol.2「エコハウスをつくる山形の森と木(見学会)」
 日時:平成21年11月28日(土) 10:00~16:00
 場所:山形市、西村山周辺
 内容:県民の森周辺での伐採現場見学、製材所での見学、
     寒河江ペレット工場の見学
     を行います。
 参加費:1000円(昼食代)


詳しくは、住まいの温暖化対策やまがた協議会事務局までご連絡ください。

〒990-0832
  山形県山形市城西町一丁目7-19
  山形県NPO支援センター内
  (TEL)023-679-3340 (FAX)023-679-3389
  (E-mail) eny@chive.ocn.ne.jp 
  (URL)
http://eny.jp/ecohouse/

ブログ連続更新挑戦中!!(567日目)

|

« 発電量比較 | トップページ | EPT »

温暖化防止」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207956/32206794

この記事へのトラックバック一覧です: 地域材の利用を考える:

» ソーラー発電 [ソーラー発電]
ソーラー発電(太陽光発電)は、地球温暖化対策の一つとして、温室効果ガスの削減効果が期待されています。ソーラー発電の特徴やコスト、問題点などを紹介したブログです。 [続きを読む]

受信: 2009年11月25日 (水) 11時54分

« 発電量比較 | トップページ | EPT »