« グリーン電力利活用セミナー | トップページ | ひと月経ちました »

2009年11月29日 (日)

安定器による漏電

先日、いつもお世話になっているお客様から「漏電ブレーカーが落ちて困っている」との

お電話を頂きました。先に、東北電力さんへも電話をして調査して頂いていたようで、

回路の特定まではできておりました。早速、現場調査をいろいろとしたところ、原因は、

照明器具の安定器の劣化によるものでした。店舗ですので、累積点灯時間も長い為、

その都度、安定器の交換はしておりましたが、その器具は未交換でした。

故障や不具合の事前に交換しておくのがベストですが、なかなかそうはいきません。

施設用照明器具の安全チェックシートがありますので、該当項目がある場合には、

お早めにご決断を。

1、累積点灯時間が40,000時間以上である。

2、使用期間が15年以上である。

3、ごげくさい臭いがする。

4、照明器具に発煙、油漏れなどの形跡がある。

5、電線類に変色、硬化、ひび割れ、芯線露出などがある。

6、配線部品などに変色、変形、ひび割れ、ガタツキ、破損などがある。

ブログ連続更新挑戦中!!(583日目)

|

« グリーン電力利活用セミナー | トップページ | ひと月経ちました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207956/32424460

この記事へのトラックバック一覧です: 安定器による漏電:

« グリーン電力利活用セミナー | トップページ | ひと月経ちました »