« 半月が経ちました | トップページ | 久しぶりにダンポスト »

2009年11月16日 (月)

ノスタルジー

ノスタルジーな雰囲気です。

P1000318_2 お客様が保管していたガラスのセードだけを再利用して、照明器具を取り付けました。

近代的な照明もいいですが、情緒あふれるこのような照明も味わい深いです。

光の演出で部屋の印象も一変します。

照明の世界は奥が深イイ。

ブログ連続更新挑戦中!!(570日目)

|

« 半月が経ちました | トップページ | 久しぶりにダンポスト »

コメント

素敵です。

店舗ではなく、お家ですか?・・・・
シックで落ち着いた雰囲気になりますね♪

投稿: chisa | 2009年11月17日 (火) 09時05分

たしかに、照明には人の心を和ませたり、コントロールする力がありますね。
よく体験します。

誰もいない真の闇に包まれた山奥のキャンプ場の夜、
焚き火の灯りだけが救いで何時間も飽かずに見つめてしまいます。

そんな原始からの先祖の記憶が今も我々に残っているんでしょうかね。

投稿: めた坊 | 2009年11月17日 (火) 09時45分

chisa さん

コメントありがとうございます。
店舗でもお家でもなく、物置になります。
既存の物置をリニューアルされました。
書物がたーくさんあられます。

めた坊さん

いつもコメントありがとうございます。
すばらしい考察で、妙に納得しました。
そろそろイルミネーションの季節になってきました。
イルミネーションの光に魅了されるのも、原始からの
星空の輝きの記憶が今も我々に残っているからでしょうか。

投稿: Jリーダー | 2009年11月17日 (火) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207956/32240584

この記事へのトラックバック一覧です: ノスタルジー:

« 半月が経ちました | トップページ | 久しぶりにダンポスト »