« 浴室用TV | トップページ | ドゥーパ »

2009年7月11日 (土)

CO2排出と光熱費

日経エコロジー8月号に興味深いデータがありましたので、抜粋です。

Img_new_2 

旭化成ホームズさん出所で、シュミレーションソフト(ARIOS4)で試算。

前提条件は、東京地区で4人家族(専業主婦)。

設備は太陽光発電(3.294KW)、エアコン4台、

空調(暖房18℃、冷房28℃、湿度60%)。

地中熱ヒートポンプは「ジオサーマル」。

だそうです。

これをみると、ダントツは、エネファーム(燃料電池)がCO2排出量が最も

少ないです。光熱費1位は、「ジオサーマル」。因みにジオサーマルとは、

地中の一定な温度(約15度)を利用して、給湯に使えるようにしたものです。

イニシャルコスト、CO2排出量、光熱費、メンテナンス、などなど、

さまざまな要素が機器選択の上での条件になりますが、上記のデータ、

ひとつの指針にはなりそうです。

ブログ連続更新挑戦中!!(442日目)

|

« 浴室用TV | トップページ | ドゥーパ »

温暖化防止」カテゴリの記事

コメント

とても為になる資料ですね~。

以外に、効率の良いエコキュートでもCO2が多いことにはビックリ!

やはり、次世代省エネ機器は燃料電池なのかもしれませんね。

投稿: おらが店通信 | 2009年7月15日 (水) 08時38分

CO2を最優先すれば、太陽電池、燃料電池、蓄電池
の電池3兄弟で決まり、と思います。
温暖化は待ったなしなので、あとは、価格の問題を
いかにしてクリアするかなのでしょうね。

投稿: Jリーダー | 2009年7月16日 (木) 05時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207956/30508562

この記事へのトラックバック一覧です: CO2排出と光熱費:

« 浴室用TV | トップページ | ドゥーパ »