« 冬の北海道 | トップページ | 地球高温化 »

2009年2月24日 (火)

動き出したぞ!固定価格買取制度

嬉しいニュースが飛び込んできました。

そうです、あの念願の太陽光発電の固定価格買取制度(フィードインタリフ)のお話です。

まずは、NIKKEI NETの記事より抜粋です。

 二階俊博経済産業相は24日の閣議後の記者会見で、太陽光発電の普及を促すための新制度を導入すると発表した。家庭や企業が太陽光で発電した電力を、電力会社が約10年の間、当初は従来の2倍程度の1キロワット時あたり50円弱で買い取る仕組み。今後、具体的な制度設計に向け、関係業界などと調整を進める。電力やガス、石油各社に非化石燃料の導入を義務付ける新法に盛り込み、今国会に提出する方針だ。2010年にも実施する。

二階経産相は同日朝、経産省内で森詳介電気事業連合会会長(関西電力社長)と会談し、新制度の導入方針を伝えた。森会長は「協力したい」と語ったという。

新制度は家庭など電力利用者が太陽光でつくった電力について、自宅などで消費する以外の余剰分を電力会社に買い取ってもらう内容。既に発電装置を設置している利用者と制度開始から3―5年に設置する利用者が対象。買い取り価格は太陽光発電の普及に合わせて、年度ごとに下がる。

こちらの記事です(↓)

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090224AT3S2400L24022009.html

もしかして、例の署名活動が功を奏したのかな。。。。。

おっしゃー。

ブログ連続更新挑戦中!!(306日目)

|

« 冬の北海道 | トップページ | 地球高温化 »

太陽光発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207956/28346889

この記事へのトラックバック一覧です: 動き出したぞ!固定価格買取制度:

« 冬の北海道 | トップページ | 地球高温化 »