« PCの続き | トップページ | (チェンジ)-(タブー)=? »

2008年8月26日 (火)

九電の太陽光発電所

本日の山形新聞経済欄に以下の記事が掲載されておりました。

Img_4 九州電力で、発電出力約3000KWで、九州では最大、国内でも5番目の規模となる太陽光発電所を建設すると発表された、という事です。一般家庭の約2200戸分に相当する電力を供給するそうです。来年度に着工し、再来年度の運転開始を予定しており、二酸化炭素の排出抑制に大いに貢献してくれる事でしょう。九州電力では、2017年度までに太陽光発電の電力供給能力を現在の約3倍までに拡大する方針で、今後も新施設の予定が発表されていく事になりそうです。関西電力でも現在、国内最大の太陽光発電所を建設中ですので、他の電力会社でも、ますます、拍車がかかりそうな勢いですね。

我が東北電力での今後の動向に注目が高まります。

「ストップ温暖化!」

3歳の息子が口にしていたのを聞いて、驚いた次第です。

ブログ連続更新挑戦中!!(123日目)

|

« PCの続き | トップページ | (チェンジ)-(タブー)=? »

太陽光発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207956/23274776

この記事へのトラックバック一覧です: 九電の太陽光発電所:

« PCの続き | トップページ | (チェンジ)-(タブー)=? »