« 山形県の太陽光発電システム導入状況 | トップページ | 最新鋭IH »

2008年7月 3日 (木)

脚光つづきの太陽光発電

毎日、ひっきりなしに環境やエコ、省エネに関する情報が届きます。

本日の山形新聞朝刊には、昭和シェル石油が、2011年に約千億円を

投じて、世界最大級の太陽光発電パネルの工場を建設する計画である、

と掲載されておりました。最近のニュースを見聞きしていると、資源の少ない

日本にとっては、太陽の恵みは本当にありがたいものだと、つくづく感じます。

なにせ、誰にでも平等に、無料で与えられる資源なのですからね。

無料と言えば、今日久しぶりに雨が降りましたが、雨も、本当に大事な資源です。

畑の作物にとっても正しく恵みの雨となりました。

自然の恩恵に感謝せずには、いられません。

ブログ連続更新挑戦中!!(69日目)

|

« 山形県の太陽光発電システム導入状況 | トップページ | 最新鋭IH »

太陽光発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207956/22057747

この記事へのトラックバック一覧です: 脚光つづきの太陽光発電:

« 山形県の太陽光発電システム導入状況 | トップページ | 最新鋭IH »