2013年8月15日 (木)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

電気自動車

先日、電気自動車の試乗をする機会に恵まれました。

Photo

かみのやま温泉では、上山型クアオルト構想を展開しており、滞在型保養地を目指し環境問題に取り組んでおり、今後EV充電設備の普及をしていく考えのようです。

今回は、日産リーフと三菱i-MiEV の2車種が準備されており、私は日産リーフの運転をさせて頂きました。

Photo_2

↑こちらが、リーフで、ナンバーの上のボンネット部で充電できるそうです。

↓下の写真は、リーフのメーター。パワー表示や、充電まであと何キロとか、エコ運転モードとか、とにかく興味深々のものばかり。運転してみての感想は、やっぱり、「静か」というのと、アクセルペダルを踏んだ時のレスポンスの良さが、非常に実感できました。

Photo_4

Photo_3

↑こちらは、i-MiEVです。最近、良くみかけますね。

担当の人が、県庁の充電設備について話していたので、帰りにどんなものなのか視察してきました。県庁の駐車場に設置されてあります。

Photo_5

生活様式を変えてしまう電気自動車に、今後益々注目していきたいです。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2011年2月 4日 (金)

降雪センサー

消雪用井戸ポンプの降雪センサーと制御盤の取付工事がありました。

この大雪ですと、排雪もしくは消雪の仕事が大活躍です。

センサーの名前は「雪見窓」ゆきみそう。

1

あちらの窓で、温度と雪片を感知します

2

こちらは制御盤。

ポンプの積算運転時間も計測可能です。

各メーカー、いろんなネーミングの便利な製品があるものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

高所作業

本日は晴天なり!で、高所作業をさせていただきました。

内容はエアコンの取替え工事です。

1

2連ハシゴを2つ使っての室外機の取外しと取付です。

↑写真は、設置後の様子

2

↑こちらは室内機

写真では分かりませんが、窓には2連ハシゴが見える状態です。

試運転もOKで無事終了、冬の晴れ間を活用できた工事でした。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2011年2月 2日 (水)

LAN配線のチェック

LAN配線チェッカーなるものを特典に頂きました。

1

↑マスターユニットとリモートユニットのコンビ。

3

ルーターを置くところにマスターを置いて

2

末端にリモートを置く。というやり方です。

LAN配線の誤結線の発見に役立ちます。

P社様、いいものを頂きまして、誠にありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

リノベーション

マンションのリノベーション電気工事が終了しました。

Photo

↑ こちらは、玄関とキッチンまわり。

Photo_2

↑ こちらは、リビングと寝室まわり。

もともとは2世帯の部屋を1世帯にするという大工事を、

3フロア分行いました。 正味一ヶ月という短期間でしたが、

工程管理がキッチリされており、無事にお引渡しです。

ありがとうございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

仙台で太陽光

先週、太陽光発電の電気工事で、仙台に行ってきました。雪の山形とは真逆な天候で、仕事も順調順調。屋根上のアンテナを壁面用に取り替えたり、売電メーターの設置や試運転を行ってきました。
91A48F7E-6A62-461F-96C3-FDA50059B08C
これまでの屋根上アンテナを撤去し、
E2762D02-CB25-4592-B7B0-F2408128B86E
壁面用アンテナに。
CA6EC1D0-01EE-4F0E-AA22-F53D3F208992
接続箱と、
8B9530D8-504C-4019-83AD-036A66E8E3FD
分電盤まわり

試運転も問題なく終了し、無事に雪の山形に戻ってくることができました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

吹抜け時の注意点

吹抜けに照明やファンを取付ける事は良くあるものですが、細心の注意が必要でした。
足場のあるうちにファンの取付を行ないましたが、動作確認が抜けており送電後に動かない事が判明。そして慌てて改修工事!
A8B4C771-5DAE-4B4D-8F7D-0D3B7E6F2F74
こんな感じでハシゴと足場板を駆使して確認作業をする事に。結局、原因はファンのコネクタの接触不良。もー、メーカーに対して不信感です。よろしく頼みます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

冬の光景

北側の屋根です。屋根融雪が大活躍!
CE3A7F1D-61C1-46B8-A098-4BD6FC78A179
こちらは、南側。太陽光パネルでざぁー!
D2923750-E242-48A5-B4A6-3BA2AA891009
我が家はこんな感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

太陽光発電の損益分岐点

前回の記事の続きで、我が家で元が取れる日を計算してみました。

条件は以下になります。

注:(家族の加齢と共に電力量が増える事は考慮してません)

1.年間発電量: 3780KWh

2.昼間電力単価:29.65円(やりくりナイト10)

3.夜間電力単価:8.58円(やりくりナイト10)

4.家族構成 大人二人、子供3人(小3,年長,1歳) のまま

5.売電単価:48円 のまま

まず、発電量-売電量 により、自家消費の電力量を求めます。

我が家の場合には、

3780-2765=1015KWh

です。即ち、太陽エネルギーからの消費電力量ですねっ。

これを、昼間の買電量に加算します。

1485+1015=2500KWh

これが太陽光発電を設置しててもしていなくとも消費する電力量なわけです。

ここからが、電気料金の計算になります。

昼間の電気料金:2500KWh X 29.65 = 74125円

夜間の電気料金:11314KWh X 8.58 = 97074円

よって、我が家にて太陽光発電を設置していない場合の1年間の電気料金は、

74125+97074=171199円

になります。よって、

10年間ではなんと、171万円払う事になってました。

ですが、太陽光発電を設置してる事により、前回の記事にも書きましたが、

1年間で2.1万円貯まりましたので、

10年間ではなんと、21万円貯まる事になってます。

よって192万円の太陽光発電ならば、10年で元がとれるというわけです。

えっと、我が家の太陽光発電システムは一体いくらだったっけ???

それと、我が家は2006年から連携開始したので、???

もうちょっと考察が必要なようです。

最後になりますが、現在は固定価格買取制度ですが、太陽光発電全量買取制度が

導入されようと検討されております。そうなれば、また、話は別ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«太陽光48円の威力